ケナクス(KENAX)除毛クリームはVIOや脇でも除毛効果ある?

ケナクス(KENAX)に含まれる成分から見た安全性を検証!

ケナクス(KENAX)に含まれる成分から見た安全性を検証!

<ケナクス(KENAX)は肌に塗っても本当に安全なのか?>

 

ケナクス本商品

 

・ケナクス(KENAX)除毛クリームは肌に塗っても安全なのか?

 

・本当に肌にとってやさしい除毛クリームなのか?

 

ケナクス(KENAX)に含まれている主成分について簡単に検証してみました。

【主成分:チオグリコール酸カルシウムとは?】
チオグリコール酸カルシウム"ケナクス(KENAX)に含まれる成分から見た安全性を検証!"

 

ケナクス(KENAX)は肌にやさしい強力除毛クリームですが、
その強力除毛をサポートしている成分が、

 

「チオグリコール酸カルシウム」です。

 

この「チオグリコール酸カルシウム」は、アルカリ性なのでタンパク質細胞であるムダ毛を強力に溶かします。

 

【チオグリコール酸カルシウムの安全性はいかに?】

 

肝心なチオグリコール酸カルシウムについての安全性ですが、
厚労省が認定の「医薬部外品(成分)」なので安全性は保証済みです。

 

なので、ケナクス(KENAX)除毛クリームを、全身どの部位に塗っても基本的には安心して使用できます。

 

【成分は安全だけど、どんな毛質でも除毛できる?】

 

通常のムダ毛なら、毛が濃い方、男性レベルの剛毛でもキレイに除毛できます!

 

しかし、男性の濃い青ヒゲなどの脱毛サロンで処理しないと無理な極太の毛質は除毛できません。
根本的に脱毛処理が必要な太い毛質については、ケナクス(KENAX)除毛クリームでも毛を溶かせません。

 

 

【ケナクス(KENAX)その他の主成分について】

 

<ローマカミツレエキス>
ローマカミツレエキス"ケナクス(KENAX)に含まれる成分から見た安全性を検証!"
ローマカミツレエキスは「皮膚の代謝を促進」したり「抗菌、炎症」に効果が期待できる美肌成分です。
キク科の花から成分を抽出しています。

 

前出のチオグリコール酸カルシウムは、若干肌に刺激があるかもですので、
この若干の刺激から肌をガード、ケアするのがローマカミツレエキスです。

 

 

<ヒアルロン酸>
ヒアルロン酸"ケナクス(KENAX)に含まれる成分から見た安全性を検証!"
ヒアルロン酸は巷でよく知られている「潤い成分」です。
ヒアルロン酸といえば美容成分の代表格ですね。

 

肌に水分補給を促し、潤い、保湿を与えてくれる嬉しい成分です。

 

ケナクス(KENAX)は毛を溶かして除毛するので、肌ダメージを防ぐためには必須の成分です。

 

 

<ユズセラミド>
ユズセラミド"ケナクス(KENAX)に含まれる成分から見た安全性を検証!"
ユズセラミドは、皆様よくご存知の「黄色いゆず」から抽出された成分です。
このユズセラミド成分は保湿成分セラミドで、これがユズセラミドなんです。

 

冬至の日に「ゆず湯」をされた方ならお分かりの通り、ゆずは保湿成分を多く含んでいます。

 

セラミド自体が保湿効果に長けているので、肌の乾燥を防止してくれます。

 

ケナクス(KENAX)は、このように肌に負担をかけない美容成分が中心に配合されています。
強力除毛クリームというだけでなく、除毛後の肌トラブル防止についても万全なんです。

 

【まとめ:ケナクス(KENAX)除毛クリームの安全性】
除毛クリーム"ケナクス(KENAX)に含まれる成分から見た安全性を検証!"
ドラッグストアなどで市販されている、ケナクス(KENAX)以外の除毛クリームにも、
ムダ毛を溶かす「チオグリコール酸カルシウム」が配合されています。

 

確かにアトピー性皮膚炎など基本的に肌が弱い方は、広い肌面にケナクス(KENAX)を使用するまえに、
狭い部位でパッチテストをして様子をみた方がよいです。

 

しかしケナクス(KENAX)は、強力除毛よりも優先的に肌トラブルを想定して、
様々な保湿美容成分がたっぷり配合され安全性を重視しています。

 

他のメーカーで市販されている除毛クリームよりも、
若干お値段が高めなのも安全性のために、高価な美容成分をふんだんに配合しているからです。

 

ケナクス(KENAX)除毛クリームなら肌への安全性を確保しながら、肌にやさしいツルスベ除毛ができますよ!
↓↓↓
>>ケナクス(kenax)除毛クリーム詳細はこちら(公式サイトへ)

 

トップへ戻る